仙元山ルートマップリンク写真集

①道の駅おがわまち

埼玉伝統工芸会館とも言います。
ここは24時間営業しています。
トイレ・自動販売機があります。
車中泊も可能です。

道の駅おがわまちです。

image1
①道の駅おがわまち。埼玉伝統工芸会館

 

西光寺

ここを入って左側にトイレがあります。

左奥に15台ほど止められる駐車場があります。

そこからカタクリの里に抜けられます。

山の斜面全体にカタクリがあります。

image2
②西光寺

 

③西光寺登山道

この左側から入っていきます。
仙元山見晴らしの丘公園に行ける遊歩道です。
右の建物は公衆トイレです。
右側に車3台ほど止められる駐車場があります。

IMG20210110164703 2
③西光寺登山道

 

 

見晴らしの丘公園

かつては日本一の滑り台でした。

桜の咲くころはソメイヨシノ・カワズザクラ・山桜・十月桜が見事です。

1月下旬にロウバイが咲きます。

【臨時休園のお知らせ】
日頃より仙元山見晴らしの丘公園をご利用いただきまして誠にありがとうございます。
当施設は、令和3年2月1日(月)より令和3年3月8日(月)まで、施設改修工事のため臨時休園とさせていただきます。

image3
④見晴らしの丘公園

 

IMG 0029
見晴らしの丘公園

 

⑤百庚申

かつてはここに浅間神社がありました。
仙元山の名前はこの浅間神社に由来します。
浅間講・富士講を思わせる石塔もあります。
江戸時代から村の若者は富士山に行っていたようです。

image4
⑤百庚申

⑥仙元山山頂

標高298.9m
同じ名前が
近くは深谷の仙元山

神奈川県の仙元山
があります。
いずれも富士山信仰が名前の由来となっています。
軽井沢の浅間山・妙義山・赤城山・谷川岳を望むことができます。

06
⑥仙元山
Dsc 01181999031170545003833
春の山頂から浅間山

 

⑦青山城(割谷城)

新潟の上杉軍と北条方とのせめぎあいがあった要衝の地
だったようだ。

青山地区と割谷地区が今でもあり、交代でこの山城を守っていたようである。

image6
⑦青山城

IMG 1819
青山城のつつじ

 

⑧大日山

仙元山から大日山まで眺望はよくないがここ大日山から笠山・堂平山を望むことができる。

休憩するベンチなどもある。

この先物見山・仙元大日を経て小倉城に向かうことができる。

くたびれた人は100メートルぐらいで割谷から道の駅に至る分岐がある。

また日影バス停から雀川ダムに向かうこともできる。

image7
⑧大日山
IMG 1879
笠山・堂平山を望む

 

⑨仙元大日

100メートルぐらい行くと玉川温泉の道標がある。

image8
⑨仙元大日

 

⑩玉川温泉

昭和レトロな玉川温泉

駐車場もあり、ここを待ち合わせ場所にする人もある。
写真の左下が玉川温泉からの登山口です。

少し歩きますが、八高線の明覚駅、東武線の小川町駅。嵐山駅へのバスの便もある。

image9
⑩玉川温泉

 

下の写真の左側が登山口です。

IMG 2021
⑩玉川温泉

 

⑪小倉城

小倉城跡にかかわる同時代の確実な文書は発見されていないが、江戸時代の『新編武蔵風土記稿』では、戦国時代の関東に覇を唱えた後北条氏の重臣遠山氏を城主として伝えています。(ときがわ町ホームページより)

image10
⑪小倉城跡

 

⑫嵐山渓谷裏入口

嵐山渓谷に裏から入ることができます。
駐車場・公衆トイレもあり、待ち合わせ場所としても人気です。

下の写真の右側に見える道が嵐山渓谷・大平山に向かう道です。

image11
⑫嵐山渓谷裏入り口
IMG20201227144547
嵐山渓谷裏入口トイレ

 

嵐山渓谷

埼玉県を代表する景勝地のひとつ、「嵐山渓谷」は、岩畳と槻川oの清流・周囲の木々が織り成すみごとな景観と自然環境を持った、嵐山町の宝です。

春は桜・つつじ、秋は紅葉と見事な景観です。

トイレもあり、大平山からの景観も見事です。

 

ranzan
⑬嵐山渓谷-2
IMG 1678
嵐山渓谷のモミジ

 

⑭大平山

春のつつじは見事です。

大平山を降りると遠山トンネルの石碑に至ります。

嵐山駅方面に行くこともできます。

image13
⑭大平山

 

IMG 2071
大平山

⑮遠山トンネル石碑

ここから大聖寺に至ることができます。

image14
⑮遠山トンネル石碑

 

⑯白山神社

菅原道真公由来の神社らしい。

こちらからも大聖寺に至ることができる。

image22
⑯白山神社

 

大聖寺

小川市街や秩父連山の展望地にある天台宗のお寺で「六面幢」は板碑とともに国の重要文化財に指定されています。

image34
⑰大聖寺

 

カタクリの里

カタクリが咲く3月下旬には、地元ボランティア主催のカタクリ祭りが開催されます。

7月上旬には、オオムラサキの放蝶会も行われます。

また、カタクリとオオムラサキの林には展示館兼休憩所があり、国蝶であるオオムラサキをはじめ、世界中の蝶や昆虫が展示してあります。ぜひみなさんでお出掛けください。

image15

 

栃本親水公園

秋になると大小50本のもみじが公園内を彩ります。

公園内には、健康遊具や水車小屋、トイレが整備されていてハイキングや、まちなか散策の小休憩にもぴったり!

水辺の遊歩道・飛び石から魚がみえる

image16
⑲栃本親水公園

 

⑳仙元山遊歩道入口

八高線の踏切を渡り右の橋を渡ると標識とほそいろじがあります。

image17
⑳仙元山遊歩道入口

 

㉑天満宮

菅原道真公をお祭りしている神社です。

image37
㉑天満宮

 

㉒日影バス停

日影(埼玉県)の時刻表 路線/系統一覧

小川町方面とときがわ町方面とあります

これはnavitimeの情報です。

ご自分でご確認ください。

image23
㉒日影バス停

 

㉓堂山登山口

日影バス停から堂山に向かう途中の石碑です。
堂山を経由して雷電山に行くことができます。

image33
㉓堂山登山口

 

雀川ダム

公園は、その地形を生かして、「お花見・イベント広場」、「渓流広場」、「展望広場」の3つのゾーンに分かれています。あふ
れる緑と静寂の中で、四季折々の自然をお楽しみください。

ここを拠点に雷電山登山・行風山から御嶽山に至る登山ができます。
トイレ・駐車場もあります。

IMG20210111085107
㉔雀川ダム

 

 

IMG 2026
㉔雀川ダム

上の写真の左奥が行風山に行く道があります。急な斜面です。
下の写真のように駐車場もあります。

IMG 2033
㉔雀川ダム

 

 

㉕行風山

標高332m

25
㉕行風山

 

㉖御嶽山

標高297m

image18
㉖御嶽山

 

桃源郷

まさに桃源郷という名にふさわしい場所です。

帝松酒造を過ぎたら左側を見ながら歩くと看板があります。

image19
㉗桃源郷

 

帝松酒造

お酒は水が命。水の善し悪しでお酒の味は大きく変わってしまいます。
当蔵の位置している小川町は、昔から「酒造りの適地」として知られており、良質な水が採取できる地としても有名でした。

image20
㉘帝松酒造

 

㉙仙元山林道入口

車で見晴らしの丘公園まで行けます。

滑り台・アスレチックなどがあり、展望台からは榛名山・赤城山・浅間山などを望むことができます。トイレもあり駐車場もあります。入口のゲートが意外と早く締まりますので、登山のための待ち合わせ場所等に利用することはできません。毎週月曜日は休みです。このゲートも締まります。ハイキングで通るのには問題ありません。

image24
㉙仙元山林道入口

 

㉚雷電山

標高418.2m

埼玉100名山のひとつ

IMG20210105100953
㉚雷電山

 

㉛小日山

大日山の手前にある休憩所
宮木さんが名付け親

ここから大日山までのアジサイがいい。
春のツツジもいい。

休憩ベンチもあります。

image25
㉛小日山

 

IMG 0151
小日山のアジサイ

 

㉜藤交通

藤交通という観光バスのバス会社があります。ここから日影バス停も近いです。

image27
㉜藤交通

 

IMG 2037
藤交通登山口

上の写真は藤交通の裏側にある登山口です。小日山に出ます。
小さな踏切があり、ここが登山口です。

下里分校

小川小学校旧下里分校は里山の自然に抱かれた木造校舎。2011年に廃校となった後も、そのノスタルジックな景観は訪れた人々を魅了し続けています。

分校カフェMOZART 2020年7月リニューアルオープン!

このコロナ下、店が営業中かわかりません。

IMG20210111090756
㉝下里分校

 

㉟物見山

標識も小さいものしかなく通り過ぎてしまうところです。

昔は四方が見渡せる砦としては要衝の地。

新しい看板ができました

IMG20210222111350
物見山看板

㊱八宮神社登山口見晴らしの丘公園にいく登山口です。

下里分校も近いです。

image31
㊱八宮神社登山口

 

㊲割谷林道入口

この割谷林道は左に入ると物見山に行く道があります。
少し行って右に入ると青山城に行く道があります。

まっすぐ行くと大日山に出ることができます。

image30
㊲割谷林道入口

㊳割谷~物見山

割谷から物見山に至る遊歩道
通行止めのゲート手前の左側に小さなコンクリートの橋があり、その橋を渡ると物見山に行くことができる。

下の写真で左奥に見える道です。
手前の道は割谷林道です。

image29
㊳割谷~物見山

 

㊴割谷~青山城

割谷から青山城に至る近道です。

image28
㊴割谷~青山城

 

㊵小倉峠登山口

下里一区奥のほうに小倉城跡登っていく道です。

この奥にカタクリ・二輪草が咲くところがあります。

 

image26
㊵小倉峠登山口

 

㊷雀川~行風山

下の写真の道を100mぐらい行った右側が登り口です。

IMG 2031
雀川ダム~行風山登り口

雀川ダムの上段にある駐車場の上の稜線に登っていく。

image36
㊷雀川ダム~行風山登山口

 

東光寺

坂東三十三観音礼場第九番札所の観音堂があります。

43
㊸東光寺

 

㊺行風山入口

雀川ダムから稜線を登っていくとコンクリートの道に出る。
これが「雀川上雲線」という林道である。下の写真の看板のところに出ます。

IMG 1927
㊺行風山入口

それを左に折れて100mぐらい行くと、この入口に出る。

これを150mぐらい行くと行風山山頂です。

image35
㊺行風山入口

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生活近くにある自然との営み